特殊施工例

木目のジョイントの色違い色上げ吹付塗装

お客様のご要望により木目の色むらというか、

本物の木を使う事によって起きる

板と板の目が変わる部分の少し薄い所の色違いを

工場塗装と同じ材料の塗料を使い、 特殊工程で目立たなくする、

『色上げ』という私ども独自の吹付塗装です。

 

 

真ん中の部分だけをサンプルとして吹付した様子です。

板どうしの境の部分がどこなのかわかりにくくなっております。

塗装した中央の部分を上と下で区切ってみました。

上の部分が未施工、下の部分が吹付塗装部です。

天然素材特有の木目のむらが目立たない事が判ります。

仕上り後の写真です。

おわかりいただけますでしょうか?

1番上の写真と比較すると色が均一になっております。

 仕上げには2液ウレタン塗料を吹付してあります。

特殊なガンを使い、通常の20倍のスピードで乾くシンナーを使用する事により、

吹付塗装時に舞う塗料を15分の1に抑え、空気中に舞っているほこりなどのごみの付着も大幅に減らすことが可能です。

難点はあっという間に固まり始める為、むらにならないようにするために、気温や湿度が変わるたびにシンナーや添加剤などの成分のレシピを変えなければならない事、材料を作業に使える時間が非常に短い為非常に難しい技術が必要な事、作業が終わってもシンナーなどのニオイが残りお客様に迷惑にならないようにしなければならない事などです。

よく質問されるのですが、壁紙や床が仕上がった後でも工場と同じ塗装が可能です。

それを専門に十数年続けさせていただいております。

全ての木目を吹付塗装し、下の写真に仕上がりました。

フローリングに大きなシミがありました。

 こちらは熱帯魚の水槽をどかした下に出来た黒いシミを削り、

下地を埋めた後に筆で描いた木目の様子です。

作業時間は約1時間半です。

現在社員募集中です!完全な未経験の方!色が好きな方!是非会社までご連絡下さい!

 

 

営業時間

平日09:00~18:00 

土9:00~15:00

定休日

日曜日

お問い合わせ

TEL: 03-3712-9907

FAX: 03-3712-9901

お問合わせはこちらから